Professional Renovation School

トップ スクールについて カリキュラム 講師紹介 受講生の声 料金体系 申し込み方法 お問い合わせ 資料をダウンロード

嶋田洋平ユニット

人と建物の豊かな関係を
再構築するストック活用時代の
「建築家」の仕事

人口減少縮退局面に変わり、たくさん建物をつくる時代から使われていない建物の使い方を考える時代になった。こういう時代や社会に求められる建築家の役割とはなんだろうか。僕が感じているのは、20世紀に建築のデザインを学んだ僕らにとっては、考えられないような凄まじいスピードで起こりつつある人々の意識の変化だ。それは良くも悪くもすべての建築物が「事業用不動産」として扱われてしまうという、旧来の設計者にとっては、とてつもなく窮屈で不都合な時代の到来だ。

しかし注意深く考えてみれば、制度に約束された建築士の地位とは別の「建築家」の職域の幅と奥行き、職能の深さは無限に広がっているはずで、加えて建築とそれに関連するあらゆる産業は、大変革期を迎えるチャンスだとも考えられる。こんな社会で僕らが建築家として生きていくためには、不動産オーナー、家守会社、ビジネスオーナー、デベロッパー、ビルダー、設計者、ユーザー、といった建物に関わる様々な主体の、それぞれのスタンスを行き来するフットワークの軽さではないかと思う。そうすれば建築家はきっと本来持っている潜在的能力をもっと解き放ち輝けると思う。

僕のユニットでは、自分の持っている専門性はもちろん、無い専門性と知らないことすらをも強みに変える、スーパーポジティブなマインドを持って、リノベーションまちづくりに関わる様々な登場人物の立場を横断的に行き来することを強みにしながら、社会の課題を超実践的にビジネスで解決できるかつてない建築家像を探っていきたい。

考えるよりもまず行動を。ここでの実践から生み出された新しい思想と手法を、未来へつなぐリノベーションアーキテクトになるため、この扉を開けて一歩踏み出してほしい。

プロフィール

嶋田洋平 (株)らいおん建築事務所 代表取締役
1976年 北九州市 生まれ
2001年 東京理科大学大学院 修士課程 修了
2001年 株式会社みかんぐみ 入社
2008年 らいおん建築事務所 設立
2011年 メルカート三番街
2011年 第1回リノベーションスクール@北九州 ユニットマスター

2012年 株式会社 北九州家守舎 設立

2013年 MIKAGE1881

2014年 オガールベース
2015年 タンガテーブル

2016年 comichi 香春口
2017年 神田川ベーカリー
他 リノベーションプロジェクト多数
←PREV
大島芳彦
NEXT→
西村 浩
< 講師紹介一覧へ戻る
どうぞお気軽にお問い合わせください