Professional Renovation School

トップ スクールについて カリキュラム 講師紹介 受講生の声 料金体系 申し込み方法 お問い合わせ 資料をダウンロード

VOICE.01

このスクールで、
「意識」と「行動」が変わった。
iwasaki
岩崎 祐一郎さん / 岩崎興業地所株式会社
受講してまず変わったのは、意識と行動です。自分が実践していること、これから実践していかなければいけないこと、もしくはまったく考えもしなかったことを、講師の方々は様々な方法で実践して成果を残しています。そのプロセスや成功談、失敗談を聞くことによって、自分自身のタスクが整理され、ビジョンが見えてくるようになりました。

ほかにも、受講前と受講後では深層部分の思考が変わったと感じています。意識していない部分で行動が変わっており、後から考えると、プロコースのあの講義がきっかけだったのではないかと思うことがいくつかありました。​

特に、毎回講師が変わるという点が刺激的です。自分とは全く畑違いの職業の方から、新しい気付きを得られたことも多々ありました。このタイミングでプロフェッショナルコースに出会えたことは、とても大きな意味があったと思っています。

VOICE.02

同じ目線で会話できる
仲間たちに出会えた。
oshima
大嶋 亮さん / リノベーション会社勤務
生まれも育ちも兵庫県。兼業農家の子として中山間地にある片田舎で暮らしていました。そんな自分のルーツである地域や育ててくれた人たちが喜んでくれて、感謝してもらえるような仕事を自らつくっていきたい。自分の縁のある土地に足をしっかりと踏ん張ってビジネスをしていきたい、という想いがきっかけで、プロフェッショナルコースを受講しました。

人を巻き込むのが上手くないとずっと実感していたこともあり、渡りに船だと思いました。 期待していたように、建築・不動産業界だけではなく、様々な分野で活躍されている方々が受講生の仲間として毎週のように顔を合わせたりするので、良い刺激を与え合えるだけでなく、お互い尻を叩き合えるような関係でもあると感じています。

日々の仕事で多忙を極めてはいますが、そんな中期限のあるワークを乗り切れているのは、ある程度同じ目線で会話ができる仲間たちと楽しく協業できているからかもしれません。

今後は、学んでいることを活かして中心市街地とは呼べない程度の小さな街単位になると思いますが、地元地域での空き家を活用したエリア価値を上げられるリノベーションや小さなビジネスに着手していきます。 講義の中で何度も聞いた、動きながら考える、というスタンスにシフトして、自分の暮らす地域や、家族、友人たちと欲しい暮らしをつくっていきたいと考えています。

VOICE.03

新しい世界が待っている!
mikami
三上 靖彦さん / 水戸市中心市街地活性化協議会
都市計画のコンサルタントの傍ら、NPO等を通して市民参加のまちづくりを進めてきました。その経験を活かし、地元のまちで中心市街地活性化協議会を運営してきましたが、従来からの活性化策はどうしても個店のテコ入れと言った対症療法的なものばかり。そこから文化や産業の情報がふつふつと湧き起るような、新しい何かが始まるような、期待感のある活性化策になっていませんでした。

これでは時間とお金の無駄。 クリエイティブでチャレンジ精神のある若者の創業・起業を支援し、まちなかに「何か新しいことが始まる文化」を定着させたい。その具体的な「リノベーションまちづくり」の手法を学ぶべく、プロフェッショナルコースを受講しました。

受講して驚いたことは、講師たちの斬新な取り組み方。私自身、自称「都市計画のプロ」ですが、根っこのところから考え方が違う。特にリノベーションまちづくりの基本となる「当事者意識」「エリアブランディング」「共感」についてはとても奥が深く、そこに新しいまちづくりの息吹を感じました。この考え方や手法を知らずして、都市計画やまちづくりを語るべきではないといっても過言ではありません。

今後は地元の有志とともに「まちづくり会社」を立ち上げ、中心市街地の再生に向けて、リノベーションまちづくりを実践したいと考えています。また、このコースで学んだことは、リノベーションまちづくりに限らず、広く民間主体のまちづくりを進めるにあたり、バイブル的な役割を果たすものと考えています。 これまでの古い考えから脱却し、本当に役に立つまちづくりに取り組みたい人。そして、新しい雇用の場と新しい人々の流入、若い人たちの希望を創り上げたいと真に願う人は、ぜひこのプロフェッショナルコースを受講してみてください。これまでの人生と全く違った世界が待っていますよ!

VOICE.04

実践する勇気が
もらえるスクールです。
ota
太田 聖さん / リノベーション会社勤務
私の生まれ育った故郷は、和歌山県田辺市という小さな都市です。東京の友人を連れて地元を巡る機会が何度かあり、もっと地元の素晴らしさを発信していきたい。もっと地元の若い人々に、地元の素晴らしさを自覚してほしい。そう思うようになりました。加えて、昨年縁があって地元の同級生と結婚する事になり、それをきっかけに、いつか故郷で暮らし子育てをしたいと考えています。

スクールに参加する前から、妻と共に目標設定をしており、2021年にUターン、起業をできるように準備したいと考え、自分が担うべき役割は何か、核となるスキルを身につけることを、意識していました。一歩先を見て、大きなビジョンを描きながらも、素早く、小さく、確実にビジネスを仕掛けていくことの重要さをスクールを通して学びました。悠長に構えてはいられないないと感じすぐにでも地元でのアクションを仕掛けようと思います。 スクールでは、何より、実践者が活き活きとアクションをしている姿を間近で見て学ぶことができます。ノウハウもさる事ながら、実践する勇気がもらえる。自分も早くアクションせねば!アクションしたい!と思えます。一人一人、取り組んでいる事、アプローチのし方は少しづつ違いますが、大きな目的意識や思考のプロセスに共通点があったり、マインドの部分にすごく共感できる事が楽しいです。

また、講師の事例紹介など聞く時に、講師だったら、自分の街でどう取り組むだろうか。とか、あるいは、どう真似をしようか妄想しながら聞くと非常に楽しいです。プロフェッショナルコースを検討している方は迷わず、受講しましょう!
カリキュラムへ >
どうぞお気軽にお問い合わせください
s